TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
これほど死を望まれる人間がいたとは・・・ 
2008.04.22 Tue 19:37
なんか今日は冗談を言う気になれないわ。


----------------------------------

光市母子殺害事件 加害者に死刑判決 新供述は「不自然、不整合、到底信用できない」(産経新聞)

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、
最高裁が無期懲役の2審・広島高裁判決を破棄した
元会社員の男性被告(27)=事件当時(18)=の
差し戻し控訴審判決公判で、広島高裁の楢崎康英裁判長は
「被告は死刑を逃れるために虚偽の弁解をしており、
 反省の態度はみられない」と述べ、無期懲役(求刑・死刑)とした
1審・山口地裁判決を破棄、被告に死刑を言い渡した。

 事件発生から9年を経て4度目となる判決で、初めての死刑宣告。
犯行時18歳だった被告に高裁レベルで死刑が言い渡されるのは、
最高裁に記録が残る昭和41年以降3人目で、
近年の厳罰化の流れを反映した司法判断となった。弁護側は上告した。

 楢崎裁判長は判決理由でまず、被告の供述が差し戻し前の
1、2審と現在とで変遷した理由について検討。
「起訴から現在の弁護人が選任されるまでの6年半以上もの間、
 それまでの弁護人に一度も現在と同様の供述をしていないのは不自然」
と指摘した。

 次いで現在の新供述の具体的な信用性について検討を進め、
本村洋さんの妻、弥生さん=当時(23)=が死亡した状況をめぐり
「右手の逆手で首を押さえつけた」とする新供述は、
 遺体の所見と整合しないと判断。
弥生さんを死後に乱暴したことを
「生き返ってほしいという思いからの『復活の儀式』だった」
とした新供述も、到底信用できないとした。

 さらに長女の夕夏(ゆうか)ちゃん=同11カ月=の
死亡状況をめぐる新供述についても信用性を否定。
1審判決が認定した犯罪事実に誤りはないと結論づけた。

 そのうえで量刑について判断。
動機や犯行態様、遺族の処罰感情の峻烈さなどから、
刑事責任は極めて重大と述べた。
さらに新供述は、自分の罪の深刻さと向き合うことを放棄し、
死刑を免れようと虚偽の弁解を弄していると指弾。
かえって死刑の選択を回避するに足る特に酌量すべき事情を
見いだすことができなくなったとして「極刑はやむを得ない」と判断した。


?以下略?

----------引用ここまで----------

待ちに待ち望んだ死刑判決が出て、
少し冷静になって思ったんですけど、
ここまで他人の死を望んだことは初めてのことですし、
そう望んでいた自分に対して何かイヤな気分になりました。
たまにはキレイ事も言わせてください。

あのイカれた腐れ弁護士軍団が判決を不服として上告しやがったせいで
本村さんを初めとした犯罪被害者・遺族の方々には
もう少し辛い日々が続くと思いますが、
間違いなく「終わり」は近づいていると思います。
こんな拙いブログでありますが、
影ながらエールを送っていきたい思います。


>無期懲役(求刑・死刑)とした
>1審・山口地裁判決を破棄、被告に死刑を言い渡した。

至極、究極的に妥当な判決だと思います。
妻と子どもを幸せにすることを生きる目的にしていたのに
それを加害者に理不尽に壊された本村さんの気持ちと、
事件後の裁判の過程において
まったく反省の気持ちを持たない加害者に愚弄され、心を傷つけられた
犯罪被害者・遺族の方々の心情と国民の怒りを察すると当然の判決でしょう。
これから最高裁判所での上告審議が始まりますが、
今回の高裁判決が確定することを心のそこから願っています。


>新供述は、自分の罪の深刻さと向き合うことを放棄し、
>死刑を免れようと虚偽の弁解を弄していると指弾。
>かえって死刑の選択を回避するに足る特に酌量すべき事情を
>見いだすことができなくなったとして「極刑はやむを得ない」と判断した。

あのドラえもん云々の新供述は
やっぱり逆効果だったみたいです。
遺族心情を逆なでし、多くの国民を怒らせ、
裁判官の酌量を吹っ飛ばすなんて
死刑へのナイスアシストだったとしか思えません。
現大阪府知事の橋本さんが全面的に正しかったことになりましたね。


クリックして応援してね   クリックして応援してね


光市事件弁護団は何を立証したのか
光市事件弁護団は何を立証したのか光市事件弁護団

インパクト出版会 2008-04
売り上げランキング : 5858


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:産経新聞 - ジャンル:ニュース

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/118-8f993b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。