TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
精神鑑定意味無いじゃん 
2008.04.28 Mon 11:58
PS2ソフトで史上最凶のやりこみゲー、ディスガイアを買ってしまいました。
会社を辞めないよう気をつけます。


------------------------------------------

夫バラバラ殺人事件、歌織被告に懲役15年判決(産経新聞)

 東京都渋谷区の外資系金融会社社員、
三橋祐輔さん=当時(30)=の切断遺体が見つかった事件で、
殺人と死体損壊・遺棄の罪に問われた妻の歌織被告(33)に対し、
東京地裁(河本雅也裁判長)は28日、
懲役15年(求刑・懲役20年)の判決を言い渡した。

 公判では歌織被告の責任能力が最大の争点となった。
検察側は「責任能力に問題はない」として懲役20年を求刑したのに対し、
弁護側は心神喪失を理由にあくまで無罪を主張。
鑑定医が「犯行時は心神喪失」と精神鑑定していた。

 これらの点について、東京地裁の判断がこれから順次示されてゆくとみられる。

 裁判を通じて最も注目されたのは
検察側・弁護側双方が請求した精神鑑定の結果だ。
3月の第9回公判では、弁護側の鑑定医だけではなく、
検察側の鑑定医も犯行前後に幻視・幻聴体験があったことなどから、
歌織被告が「短期精神病性障害」という精神疾患を発症していたと判断。
犯行時の責任能力について「心神喪失の状態だった」と報告した。

 検察側は再鑑定を請求したが、裁判所は却下していた。

 弁護側は犯行当時の歌織被告が突然、短期精神病性障害を発症し、
現実感のない夢の中のような状態だったと主張。
「妄想によって行われた犯行で、犯行時に責任能力は失われていた」
と無罪を訴えた。
歌織被告も鑑定結果が法廷で報告された後の被告人質問で、
殺害時の状況を「覚えていない」などと供述し、
殺害後も祐輔さんの声が聞こえたり、
姿がみえたりするなどの幻視・幻聴体験が繰り返しあったことを強調していた。

----------引用ここまで----------

てっきり無罪、もしくは軽い判決になるって思ってたわ。

夫を殺すだけならまだしも、
特に理由も無くバラバラにしてる上に、
検察側、弁護側双方の鑑定医も
犯行当時の心神喪失状態を認定してるから
てっきり無罪になるかと思いきや、検察側の完全勝利です。
判決文はまだ読んでませんが、良い判決だと思います。

精神異常を理由に無罪判決、または軽い判決になるのは、
被害者側も加害者側も、誰も救うことの無い判決だと思います。
精神異常を理由に無罪判決を行うのも良いですが、
その後の人生を一度も笑うことなく過ごさせるくらいの
別の処置を行って欲しい。一生を病院で過ごすとかね。


>殺人と死体損壊・遺棄の罪に問われた妻の歌織被告

別に殺さないで、嫌いならさっさと離婚すればいいのに。
同じ事はセルビア共和国のボスニアにも言えそう。
お互い嫌いなのなら、無理して一緒に住まなくていいじゃん。


クリックして応援してね   クリックして応援してね


39-刑法第三十九条-
39-刑法第三十九条-鈴木京香 堤真一 杉浦直樹

おすすめ平均
stars完璧な邦画
stars凄い・・・
stars精神鑑定人の目線から。
stars単なる堤真一ファンですが、、、
stars傑作です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:産経新聞 - ジャンル:ニュース

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/121-5e2b124c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。