TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
勝手な米国とヘタレな日本 
2008.06.28 Sat 13:22
雷


ブラウザをFirefoxに乗り換えました。
とうとうついにやっとのことです。
今までは国産ブラウザであるSleipnirを使ってたんですが、
突然CPU使用率が跳ね上がったり、アホみたいに遅かったり、
開けないサイトが出たりしてたんでしばらくは使わないと思います。
大型アップデートとかあったら使おうかなぁ。
安定性がないとブラウザって役に立たないですから。
安定性だけで言うと、IE7が世界最強なんですけどねw

まぁブラウザを乗り換えたせいで、更新事故を2度ほど起こしちゃったんですがw


------------------------------------------------

かすむ「拉致問題」、福田政権打つ手なし…北朝鮮のテロ指定国家解除へ(産経新聞)

 北朝鮮が26日に核計画を申告し、
米政府は直ちにテロ支援国家指定を解除すると発表したことで、
日本としては日本人拉致問題解決への
有力なカードを失い、大きな痛手となった。
町村信孝官房長官は26日夜、首相官邸でハドリー米大統領補佐官と
電話で会談し、北朝鮮のテロ支援国家指定解除について
「日本国民はショックを受けている」と伝えた。
自民党内には、北朝鮮政策で「圧力」より「対話」を重視する
福田康夫首相の外交姿勢に、拉致問題解決が遠のくとの
悲観論も頭をもたげ始めている。(今堀守通)

 首相は26日夕、首相官邸で
「指定解除は日朝交渉を進めるテコを失うことにならないか」
とする記者団の質問に
「まったくそういうようには考えていない」と強調した。
また、
「(日米が)緊密に連絡を取り合うことが非核化実現に必要だし、
 核問題も解決できる道が開ける」
とも述べ、米国の協力も得ながら先の日朝実務者協議で合意した
「再調査」を早急に実施に移していく考えだ。

 25日夜、ブッシュ米大統領は首相公邸にいた首相に電話し、
「自分は拉致問題を決して忘れない。日本の懸念は十分理解しており、
 日本と引き続き緊密に協力していきたい」
と語ったものの、拉致問題の前進が何ら担保されないまま、
指定解除の手続きが始まるのは事実だ。
大統領の任期も半年しかなく、政府関係者は
「ライス国務長官は北朝鮮の核問題前進を
 『成果』だと強調する方針に変更はないだろう」と語る。

 「交渉がなければ(拉致問題は)、解決しないだろう」と語る首相。
だが、自民党首脳は
「米国は勝手なことをする。クリントン政権の失敗を繰り返そうとしている。
 米国にきちんと言わないといけない」
と首相の姿勢に不快感を示した。


----------引用ここまで----------

やっぱりこうなりましたか。
クリントン時代に思いっきりウソをつかれたというのに
どうしてアメリカは北朝鮮の言うことをホイホイ信じられるんでしょうか。
まぁアメリカから言わせてもらえば太平洋をはさんだ
極東の弱小独裁国家が持ってる核兵器なんてウンコみたいなもんだから
ちゃっちゃと見かけの「成果」というものを出して
アメリカ国民に良いイメージを与えようとのことでしょうか。
半年後は大統領選挙だし、
「民主党は北チョンに騙されたけど共和党なら大丈夫だよ!」
みたいなメッセージでしょうか。幼稚な民主主義の国だから
意外と効果が高かったりしてw


>日本としては日本人拉致問題解決への
>有力なカードを失い、大きな痛手となった。

外国による圧力が有力な外交カードということって
逆に言うと日本には何も無いんですね。圧力というものが。
この情けなくてたまらない日本の外交能力の無さを痛感して
さっさと「有力なカード」の構築をしましょうよ。
自衛隊の強化とか。9条改正だって立派なカードですよ。


>ブッシュ米大統領は首相公邸にいた首相に電話し、
>「自分は拉致問題を決して忘れない。日本の懸念は十分理解しており、
> 日本と引き続き緊密に協力していきたい」

嘘ばっかりw
日本人が何人拉致られようがアメにとっては関係ないんでしょ。


>自民党首脳は
>「米国は勝手なことをする。クリントン政権の失敗を繰り返そうとしている。
> 米国にきちんと言わないといけない」

こういう人が増えると自民党もイイ感じになるんだけどな。



クリックして応援してね   クリックして応援してね


教科書が教えない日本被害史 拉致と侵略 (OAK MOOK 199 撃論ムック)
教科書が教えない日本被害史 拉致と侵略 (OAK MOOK 199 撃論ムック)西村幸祐

オークラ出版 2008-02-18
売り上げランキング : 51869

おすすめ平均 star
star忘れてはならない他国から脅威
starWar Guilt Information Programによる検閲の実態

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:産経新聞 - ジャンル:ニュース

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/148-795c50bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。