TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
平和の祭典中だってのに 
2008.08.14 Thu 20:44
北京オリンピック絶賛開催中です。楽しんで観戦してますか?
普段興味なんて微塵も持ってない競技でも、
日本の代表が外国の選手と戦っている姿を見ると
必死になって応援してしまいます。
愛国心の一つの形なのでしょうか。


------------------------------------------

グルジアに米軍補給部隊到着 ロシア軍と対峙へ グルジア紛争(産経新聞)

 グルジア紛争は14日、ロシア軍が先に合意した停戦条件に反し、
グルジア中部まで部隊を侵攻させ続けていることが明白となった。
国際社会が調停の動きを本格化させている中、
停戦合意の実効性に大きな疑問符がつけられた形だ。
一方、グルジアの首都トビリシには
人道支援物資を積んだ米軍のC17輸送機が到着。
米国が本格的なグルジア支援に乗り出したことで、
グルジア領内で米露両軍が対(たい)峙(じ)する構図が鮮明となった。

 ロシアのラブロフ外相は13日、国防省や外務省の度重なる否定声明を翻し、
部隊が中部のゴリと西部セナキに駐留している事実を認めた。
グルジアでは同日、ロシア軍の装甲兵員輸送車など約50台が
首都方向に移動しているのが確認されていた。
ロイター通信は14日、ロシアの戦車部隊が西部の港湾都市、
ポチにも入ったことを報じた。

 メドベージェフ露大統領は12日、サルコジ仏大統領の停戦調停に応じ、
交戦前の位置まで部隊を撤収させることに同意していた。
グルジアは、ロシア軍が停戦合意に違反し、
ゴリなどで略奪行為を働いていると批判している。
グルジアのサーカシビリ大統領は13日、
米軍の支援について
「グルジアの港湾と空港は、人道その他の使命を全うするため、
 米軍の統制下に入る」
と期待感を示した。

 他方、メドベージェフ大統領は14日、
クレムリン(露大統領府)でグルジアの独立派地域である
アブハジア自治共和国と南オセチア自治州の指導者と会見、
両地域の独立を承認する用意があると言明した。

----------引用ここまで----------

一応「平和の祭典」とか銘打ってるオリンピックの開会の日に
中国への嫌がらせのようなタイミングで始まったグルジア紛争。
ロシア側の挑発にグルジアがのせられた格好なのか、
ロシアによる「南オセチア解放」を名分とした侵略戦争なのか分かりませんが、
圧倒的にロシア側の戦力のほうが上回っているのは確かです。
大ピンチなグルジアに対し、まったく関係の無いアメリカが支援に乗り出した模様。
頼むから、これ以上戦火の拡大だけは勘弁してね。


ウィキペディアなんか読んでると、
この南オセチアって所はソビエト解体時からずっと独立を求めてたみたいです。
オセット人なるグルジア人とは異なる民族の住んでる地域らしく、
少数民族たるゆえんか、弾圧とまで行かないまでも
言語の強制と言った緩い圧迫があった模様。
住民の大部分はロシア国籍を取得して、
事実上グルジアの支配が及ばなかった地域でもあるようです。
グルジアとしては「何かってにやっとんねん!?」って怒るところですし、
ロシアとしてはロシア国籍を持つ人がいっぱいいるわけですし
「民族弾圧反対」とか大義名分を打ち出して、
平和維持軍を勝手に進駐させてたみたいです。
こりゃ戦争になるわな。


>グルジア紛争は14日、ロシア軍が先に合意した停戦条件に反し、
>グルジア中部まで部隊を侵攻させ続けていることが明白となった。

停戦合意を破って戦線拡大。
この上ない奇襲攻撃になりますが、
こんな野蛮なことを現代の世の中でやるなんて、おそろしあ。


>米国が本格的なグルジア支援に乗り出したことで、
>グルジア領内で米露両軍が対(たい)峙(じ)する構図が鮮明となった。

グルジアってのはロシアの圧迫に対抗してか知りませんけど、
欧米よりな政策を一貫して取り続けてたそうです。
もちろん先だって起きたイラク侵略戦争にも参戦。
アメリカに借りを作ってたわけです。
なかなかの外交手腕を発揮してるじゃん。


>グルジアの港湾と空港は、人道その他の使命を全うするため、
>米軍の統制下に入る

遠まわしに「海兵隊員いらっしゃ?い」ってこと言ってるのかな。
黒海沿岸とはいえ、ユーラシアの内陸に位置する地域に対して
本格的な部隊を派遣する余裕がアメリカにあんのかなぁ。


>メドベージェフ大統領は14日、
>クレムリン(露大統領府)でグルジアの独立派地域である
>アブハジア自治共和国と南オセチア自治州の指導者と会見、
>両地域の独立を承認する用意があると言明した。

大義名分作りに必死です。
これだけ見ると「正義の味方」に見えます。
ほんとに約束を守って独立させるのかどうかは
戦争が終わってからの、お楽しみ。



クリックして応援してね   クリックして応援してね



強権と不安の超大国・ロシア 旧ソ連諸国から見た「光と影」 (光文社新書)
強権と不安の超大国・ロシア   旧ソ連諸国から見た「光と影」 (光文社新書)廣瀬 陽子

おすすめ平均
starsロシアのCIS外交を鋭く照射
stars斬新な切り口と実体験で旧ソ連を知る!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

テーマ:産経新聞 - ジャンル:ニュース

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/164-5aba6b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。