TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
よく分かりにくいサブ・プライム・ローン 
2007.12.18 Tue 15:32
墓に入れたケータイが通話中!!ママは亡くなったはずなのに…!息子ビックリ(レコードチャイナ)

2007年12月13日の大衆網の斉魯晩報によると、
母親のお墓に一緒に入れてあげた
携帯電話が今なお通話中ということで、
息子がびっくり仰天する事件があった。

山東省泰安市肥城安庄のある村で、
陳(チェン)さんの母親が亡くなった。
葬式の際に陳さんはNOKIAの携帯電話を新しく買い、
それを副葬品として一緒にお墓に入れてあげた。
しっかり充電もし、母親が生前使っていたSIMカードもセットした。
母親が旅立った後も、
いつでも連絡がとれるようにとの願いを込めてだった。

それから約1か月後のある日、
陳さんは自分の携帯電話を使用中に
ついうっかり母親の番号に電話をかけてしまった。
しかし、なんと母親の携帯電話は通話中。
不思議に思った彼がもう一度かけてみてもやはり「通話中」。
彼は思わず冷や汗が出てきた。

その夜彼は考えれば考えるほど不審に思えてしまい、
妻にもそのことを話してみた。
二人は次の日携帯電話の会社を訪ね、一部始終を説明した。
そしてそこで更に驚くべきことがわかった。
母親の死後1か月もの間、
通話料が発生しているというのだ。
夫妻は再び恐怖を感じるも、警察に捜査してもらうことに決めた。

その結果、警察の捜査によって同じ村に住む
62歳の孫(スン)という人間がお墓を掘り起こし、
携帯電話を盗んでいたことが判明した。
孫は陳さんの母親の葬儀を手伝った際に
NOKIAの携帯電話を一緒に入れるのを見ていた。
その携帯電話がほしくなった孫は夜お墓を掘り起こし、
携帯電話を盗んで使っていたのだそうだ。


----------引用ここまで----------


とても中国らしい、心温まるニュースですね。
ニュースで腹かかえて笑ったのは久しぶりです。


-----------------------------------------

「今なぜ日本がこの荷物を背負わなければならないのか」日本の大手3銀行 サブプライムローン救済資金援助要請に消極的(U.S. FrontLine)

 低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの
焦げ付き急増問題で損失を出した
投資目的会社(SIV)を救うための基金設立が
米大手金融機関の主導で進められているが、
資金協力を要請されている日本の「メガバンク」3行は
これに強く抵抗するとみられる。

 ロイター通信によると、
融資を求められている日系銀行は、
三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャル・グループ、
三井住友フィナンシャル・グループ。
要請規模はそれぞれ50億ドルに上るとみられ、
今週中に各行が回答する予定だ。

 シティグループ、バンク・オブ・アメリカ、
JPモルガン・チェイスが主導する救済基金は、
推定300?600億ドルの資金を集めて、
市場の混乱で値が付かないSIVの資産を買い取る計画だが、
日本の3行が断れば資金調達が危うくなる可能性もあり、
最近では基金の効果自体を疑う声も出ている。

 日系銀行はサブプライム関連の損失が
欧米の銀行に比べて少なく、
3行はファンドの比較的大きな部分を
なぜ負担しなければならないのか疑問視しており、
3行のある幹部は
「資金の拠出は非常に難しい。理解に苦しむ」と話している。

 日本の銀行は、最近ようやく不良債権の処理を終え、
堅調な経済成長を背景に利益を回復し、
以前に比べると財務状況も格段に改善しているが、
消費者金融や企業ローンの利益改善といった問題に直面し、
投資家に対して救済基金協力に関する
論理的な説明が難しいといった問題もある。

 同じ日系銀行の幹部は、
「われわれが不良債権問題を抱えていた時、
 米国はわれわれを隅に追いやり、
 ヨーロッパの銀行も逃げていった。
 なのに今なぜ日本がこの荷物を
 背負わなければならないのか」と憤る。
ただ、
「これは高度の政治的な決定であり、
 論理を超える可能性がある」とも述べた。

----------引用ここまで----------

サブプライムローンの焦げ付き問題、
一向に終わる気配がありません。
しかしサブプライムローンの利用者が
どうしてこんなに多かったんでしょうか?
このローンは借りてから最初の数年は金利が安くても、
後年は日本の消費者金融と代わらないくらいの金利なのに。
それに、お金が無いのに家を買おうとする考えが分かりません。

ここ数年アメリカは不動産の価格が上がってたので、
サブプライムでお金を借りて家を建て、
値段が上がったら売っぱらって儲けようとする
一世一代の賭けをしてた人が多かったそうです。
実際多くの人が儲けてました。
中には家の値段が上がったので
その上昇分を担保にお金を借りて投資をして
儲けてた人がいたそうです。
そんな実際にはお金が無いのに
お金を運用してるから破綻するんだと思います。
日本のバブルよりひどい話かもしれませんね。


>日本の銀行は、最近ようやく不良債権の処理を終え、
>堅調な経済成長を背景に利益を回復し、
>以前に比べると財務状況も格段に改善

悲しいかな
私の地元の銀行は大手地方銀行に事実上の吸収合併です。
株券が紙切れになって激怒してる人が近所にたくさんいます。


>「われわれが不良債権問題を抱えていた時、
> 米国はわれわれを隅に追いやり、ヨーロッパの銀行も逃げていった。
> なのに今なぜ日本がこの荷物を背負わなければならないのか」

いいぞいいぞw
もっと言ってやれwwww


貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
北村 慶

PHP研究所 2006-04
売り上げランキング : 468
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




クリックして応援してね   クリックして応援してね
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/17-91136b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。