TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
陰湿なイジメに見えるわ 
2007.12.21 Fri 20:21
みんな自分のイチモツのことを「息子」って呼びますね。
あれ何でなんでしょうか?
何がルーツなのかぜひ知りたい。卒論にも書いていい。
ちなみに私はイチモツのことを「娘」って読んでますけどね。
朝目が覚めるといつも元気一杯だから「モーニング娘」って読んでます。

てへッっ☆


--------------------------------------------

「けいこは毎日やるもの」 抜き打ち視察の内舘委員、朝青龍休みで苦言(産経新聞)

 大相撲の横綱審議委員会の内館牧子委員が21日、
東京都墨田区の高砂部屋で朝げいこを視察し、
けいこを休んだ朝青龍に「極端にけいこ量の少ない横綱ですが、
当然いると思ってきた。けいこは毎日やるものでしょう」と苦言を呈した。

 抜き打ちで訪れた内館委員は、朝青龍不在に拍子抜け。
「けいこ場に来ないのも調整なんでしょう」と皮肉りつつ、
「横綱には目標となって若い力士を育てる責任もある。
 ストイックに仕事に打ち込むのが真摯(しんし)な態度」
とまくし立てた。

 怒りの矛先は師匠の高砂親方(元大関朝潮)にも向けられた。
「親方に話を聞こうと思ったら、『あっ、あっ』といって引き上げてしまった」
と憮然(ぶぜん)。
「(横綱が)休んだ理由は分からない」とする高砂親方は、
「申し訳ないとしかいえない」と述べるにとどまった。

 先月30日の謝罪会見を受けて
「今後を見守りたい」と朝青龍の改心に期待を寄せていただけに、
失望感を隠せないようだった。

----------引用ここまで----------

女性の横綱審議委員の内館さんは
相撲の歴史、伝統に関する見識の深さが尋常じゃない人です。
この人の相撲に対する思いや考えは大変素晴らしいのですが
悲しいことに外国人力士に対しては否定的な発言が多いです。
特に朝青龍のことは心の底から嫌っているようです。
このニュースにもそういうことを一言添えて記事にしてくれれば
こんな一方的なお話にならないと思うのですが。


>けいこは毎日やるもの

そんな非科学的な根性論を語ってるから
時津風部屋のような事件が起こったんじゃないんですかね?
この苦言も一種の「かわいがり」なんでしょうかねw


>抜き打ちで訪れた内館委員

事前に朝青龍がいないことを調べ上げて来たんじゃないですか?
文句を言うために。
朝青龍批判で有名な人がたまたま抜き打ちで
練習を見にきたら休んでいたってのはタイミング良すぎです。


>朝青龍の改心に期待

ウソつけw
あなた「朝青龍は私の中で引退した力士」って言って
もう見切りをつけてたじゃないですかw
もうイジメに来たとしか思えない。
この人は大変素晴らしい保守派の論客であるだけに
ホント残念な一面です。


クリックして応援してね   クリックして応援してね



女はなぜ土俵にあがれないのか (幻冬舎新書)女はなぜ土俵にあがれないのか (幻冬舎新書)
内館 牧子

幻冬舎 2006-11
売り上げランキング : 169267
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/20-93994575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。