TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
本来の「4点ポシジョン」の意味 
2008.01.03 Thu 21:51
ワンセグ

パソコンでテレビが見られるワンセグチューナーを買いました。
もう超便利。
録画もできるし、静止画もキャプチャーできるし、
HP運営者にとってはネタ元にちょうど良いね。


BUFFALO USB2.0対応 ワンセグチューナー「高感度版 ちょいテレ」 DH-KONE/U2BUFFALO USB2.0対応 ワンセグチューナー「高感度版 ちょいテレ」 DH-KONE/U2

バッファロー 2007-06-25
売り上げランキング : 3775
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


-------------------------------------------

秋山成勲陣営、三崎和雄のキックを「反則」と抗議 FEG谷川貞治氏「反則と取られてもおかしくない」(日刊スポーツ)

三崎に「反則」の可能性、秋山と再戦か

 大みそかを沸かせた三崎?秋山戦が再戦となる可能性が出てきた。
FEGを主催する谷川貞治イベントプロデューサー(46=EP)は2日、
「やれんのか! 大晦日! 2007」で
三崎和雄(31=GRABAKA)が秋山成勲(32=フリー)に
KO勝ちした試合について「反則と取られてもおかしくない」
と明言、調査開始を決めた。
勝負を決めた三崎の顔面へのキックが放たれた時、
ダウンしていた秋山が頭部への蹴りが禁じられている
「4点ポジション」だった可能性があるため。
秋山陣営も提訴する方向で、再戦案が急浮上した。

 衝撃的なKOシーンでファンを熱狂させた
三崎のキックに「反則」の可能性が浮上した。
「やれ―」の主催者として元日返上で試合を精査した
谷川EPが語気を強めて言った。
「試合そのものは近年まれに見る緊張感にあふれる試合だった。
 ただし、KOシーンを見ると反則と取られてもおかしくない。
 調査する。秋山サイドの話しも聞く」。

 問題の場面は8分すぎ。三崎の左フックを浴びてダウンした秋山が、
起き上がりざまに右のキックを顔面に受けた。
この一撃で三崎の勝利が決まった。
しかし、「やれ―」のルールでは両手と両足をついた
「4点ポジション」の状態にある相手への顔面・頭部へのキックは
禁止されていた。
起き上がろうとした秋山の両手が
マットから離れていたという見方もある一方で、
フックを浴びた直後に4点ポジションにあり、
そこから蹴りにいく行為を問題視する意見も出ていた。

?以下略?

----------抜粋ここまで----------

毎年恒例の大みそか格闘技、おもしろかったですね。
その中でもベストバウトと言えるくらい
面白かった三崎?秋山戦に何やらケチがついてるようです。
私にはどこが反則なのかよく意味が分からないんですけど。


>勝負を決めた三崎の顔面へのキックが放たれた時、
>ダウンしていた秋山が頭部への蹴りが禁じられている
>「4点ポジション」だった可能性

>KOシーンを見ると反則と取られてもおかしくない

広く知られている4点ポジションというものは両手両膝をついた
いわゆる「四つんばい」の姿勢だったと思いますが、
今回のルールでは「両手両足をついた状態」という
よく意味が分からない姿勢だそうです。
それでも蹴られた瞬間は
問題のシーン小
                               ※クリックで拡大
どう見ても両手両足をついた状態じゃ無いんですが・・・
左フックでおもわず尻餅をついた秋山が
不用意に立ち上がったからあの蹴りが入ったのです。
総合格闘技のように立ち技と寝技の境目が無いときは
立ち上がるときも相手の攻撃を注意しとかないといけないのに
秋山は何やってたんでしょうね。
もしこの状態での攻撃も「反則」とするのならば
修斗のようにダウン・カウントルールを採用すべきです。
まったくおもしろくないけどね。

でも今回のルールではどうして
「4点ポジション(両手両足をついた状態)」における
蹴りが禁止だったんでしょうか?
本来の4点ポジションというものは
4点
このように四つんばいの状態です。
この状態からの頭頂部への膝蹴りは
脊髄損傷の危険があるため
禁止されている場合が多いのですが、
今回のルールは何が危険で
「両手両足を突いた状態の相手への蹴り」を
禁止してたんですかネェ。

☆参考動画





クリックして応援してね   クリックして応援してね
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/30-4888274f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。