TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
ペット飼うの止めました 
2008.02.07 Thu 21:08
今日が大学生活で最後のテストだったわけですが、
その授業の担当の先生から
「君がいなくなると寂しくなるね。」
って言われました。

泣きそうになるんでそういうの言わないでください。


---------------------------------------

動物の命をないがしろにする「身勝手な飼い主」(産経新聞)

 飼い犬、飼い猫を繰り返し保健所や
動物愛護施設へ捨てに来る“リピーター”がいる。
犬・猫の殺処分数は年々減少傾向にあるにもかかわらず、
ペットの命をないがしろにする身勝手な飼い主は目立ってきている。

 動物行政を管轄している自治体では、引き取りを有料にしたり、
氏名・住所・捨てる理由を記録するなど、リピーターを防ぐ対策をとっている。
福岡市西部動物管理センターによると、
他の飼い主への譲渡を勧めるなど殺処分しない方法を探っているが、
「『どうしても』といわれたら断ることはできない」のが現状だ。

 茨城県の動物指導センターに18年4月?19年8月の間に、
飼い犬・猫を複数回引き取り依頼した飼い主は82人。
「避妊費用がもったいない」「病気や老衰で介護できない」「飽きた」
「鳴き声がうるさいと近所に怒られた」など、
身勝手な理由を並べる人が少なくない。
センターでは昨年10月、これらの飼い主に
「(施設の殺処分は)所有者のあなたが処分することと同じです」
と反省を求める手紙を送付したのだが…。

 日本動物愛護協会の会田保彦事務局長は3年前、
東京・六本木のマンションに住む若い女性からの電話に耳を疑った。

「生後1年のマルチーズの里親を探してほしいんです。
 寂しいから飼ったけれど、彼氏ができていらなくなったから…。
 保健所に持っていくと殺されちゃうんでしょう?」。
動物をぬいぐるみやファッションの小物のように扱い、飽きたら捨ててしまう。
すべて自分の都合なのだ。

 日本では子供の数よりもペットの数の方がはるかに多い。
そして、“ブーム犬”という現象は日本だけのものだという。

----------抜粋ここまで----------

実は私も少し前に「The鉄腕DASH」の影響を受けて
犬が飼いたくてたまらなくなり、
いい年して母親に頼み込んだ大バカ野郎です。
どうぞ罵倒してやってください。Mだからそれが快感なんですけど。

「犬を飼う」とはどういうことなのか。
お世話することや一緒に生きることとかですけど、
究極的に言えばそのペットの死を、最期を看取ることです。
犬は長くても20年くらいしか生きませんし、
飼い主が先に死んだらペットはその日から路頭に迷うことになります。
必ず犬の最期を見届けなくてはいけません。
私はその覚悟が出来なかったので、飼うのをやめました。
飼育の最初から別れの覚悟が出来る人なんて、
そんな強い人なかなかいないと思うのですが。

それが無い人が、上記記事中のお話なんでしょうね。


☆参考リンク
犬を飼うってステキですか?(東京都福祉保健局)


クリックして応援してね   クリックして応援してね



きみはペット (14) (講談社コミックスKiss (571巻))
きみはペット (14) (講談社コミックスKiss (571巻))小川 弥生

おすすめ平均
starsスミレちゃんが羨ましいかも。
stars私もモモがほしい!
starsこんなペットがほしい
starsとはいえ、ハッピーエンド。
stars良すぎて言うことなし!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

category:日記
comment(4) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
お疲れさん
家では屋根裏にネズミを飼ってるんですが
昼夜問わずゴソゴソと五月蠅いんだよ
躾しようにも出来ないんでどうしたらいいかな?
URL | 荒野の #-
2008/02/07 23:12 [ 編集 ]
 チュウチュウ
ネズミを飼ってるんだ。
いい趣味ですね。


>躾しようにも出来ない

愛が足りないのだよ。愛が。
あのザクヲタのバーニィは、ザクへの愛のみで
NT-1アレックスと互角にやりあったんだぜ。
MSの性能の差が戦力の決定的な差じゃぁないんだぜ。
URL | 味ごのみ #-
2008/02/08 09:50 [ 編集 ]
 
はじめまして。
何故ここに辿り着いたか解りません(笑
つい先日19年間生活をともにして来た猫を看取りました。
失った悲しみも大きいですが、一緒にいられて良かったと思って
いますよ。
いつかわかる時が来るかも知れないですね。

非常に内容の濃い記事でした、少なくとも私には響きましたよ。
大学生ですか・・・
この記事の心を大切にして社会に出てくださいね。
応援しております!
URL | 通り掛かりの者ですが #-
2008/03/15 12:11 [ 編集 ]
 コメントありがとうございます!
はじめまして( ^ω^)
コメントありがとうございます。
エールをいただけるとうれしいです。

思い出が多いほど、別れが辛くなるものですが、
人は思い出があるからこそ、生きていけるものだとも言います。
私も良い出会いをして、良い思い出を作っていきたいと思います。

そしたら、別れへの覚悟が出来るようになるかもしれないですね。
URL | 味ごのみ #-
2008/03/16 12:05 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/57-1d27865a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。