TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
タチコマはまだ?? 
2008.02.13 Wed 18:13
あ!
よく考えたら明日ってバレンタインじゃん。

急な話だけどチョコくれる彼女募集。
お礼にボクのミルクをあげるから。


-------------------------------------

1両7億円、陸上自衛隊が新型戦車を公開(産経新聞)

 防衛省は13日、平成22年度からの装備化を目指し
国産開発中の陸上自衛隊の新型戦車(試作車両)を、
神奈川県相模原市にある同省の研究施設で報道陣に公開した。

 ハイテクを駆使し味方の戦車同士で瞬時に情報を交換、
共有するシステムを搭載しており、敵の戦車だけでなく、
ゲリラや特殊部隊による攻撃など新たな脅威にも対処できるのが特徴。
開発費用は約484億円で、一両の値段は約7億円と世界最高レベルだ。

 夜間や悪天候でも正確な射撃ができる機器を備えた120ミリ砲を装備。
短時間で装甲を着脱できる「モジュール型装甲」を導入、
重量は現在の主力戦車である90式戦車より約6トン軽い約44トンに抑えた。

 冷戦終結で日本本土への大規模な着上陸侵攻の可能性が低くなったため、
16年に策定された「防衛計画の大綱」は戦車の装備数を大幅に削減。
新型戦車開発の必要性を疑問視する見方もあるが、防衛省は
「攻撃や防御、機動力のバランスの取れた戦車の有効性は変わっていない」
と意義を強調している。

横

正面

----------引用ここまで----------

う?ん。かっこいい・・・
90式の配備から今年で18年になりますから
新型が開発されるのにはいい時期かと思います。
次はモビルスーツか。レイバーか。


>開発費用は約484億円で、一両の値段は約7億円と世界最高レベルだ

産経新聞が舌足らずなので補足。
『一両の値段は約7億円と世界最高レベルのコストパフォーマンスだ』


>新型戦車開発の必要性を疑問視する見方もあるが、防衛省は
>「攻撃や防御、機動力のバランスの取れた戦車の有効性は変わっていない」
>と意義を強調している。

産経新聞が舌足らずなので補足。
『防衛省は「戦車は男の浪漫である。」と意義を強調している。』


クリックして応援してね   クリックして応援してね


R/C リアルアーマー 陸上自衛隊90式戦車R/C リアルアーマー 陸上自衛隊90式戦車

タイヨー 2007-06-02
売り上げランキング : 5091
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:産経新聞 - ジャンル:ニュース

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/62-dbba9b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。