TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
こんなときは頼りになる産経新聞 
2008.03.17 Mon 10:50
東京行きの航空券を買わねばならないのですが、
生まれてこの方一度も航空券とやらを買ったことないので
買い方が分かりません。
「格安航空券」って看板を立てているところに行けばいいのでしょうか?


----------------------------------------

日ごろ「人権、ジンケン」と声高に唱えていらっしゃる方々が、チベット問題では声が小さいのはどうしたことか。(3月17日【産経抄】 by 産経新聞)

 無神論者の共産党員にはピンとこないだろうが、因果応報とはこのことだ。
19年前、チベットの漢民族支配に抗議するラマ僧のデモが頻発し、
事態収拾のため自治区書記に派遣されたのが、
若き日の胡錦濤国家主席だった。

 ▼胡氏は、ラサに戒厳令を敷き、
強硬路線を前面に押し出して騒乱を鎮圧した。
このときの“功績”が認められて出世の階段をかけあがっていくのだが、
北京五輪の大事な年にチベットで大騒乱が起きた。
主席として最高の晴れ舞台を目前にはらわたが煮えくりかえっていることだろう。

 ▼現地では外国メディアの取材が厳しく制限され、正確な情報はなお乏しい。
だが、中国国営テレビが流した銀行や商店を襲う
人々の顔つきだけをみてもチベット人の怒りの激しさがわかる。

 ▼世界の鉄道ファン垂涎(すいぜん)の青海チベット鉄道開通以来、
ラサへの観光客は飛躍的に増えた。
しかし、もうけているのは漢民族が経営するホテルや土産物屋ばかりだという。
漢民族の移住者も増え、
日に日に強まる中国支配に人々の忍耐も限界にきたようだ。

 ▼それにしても日ごろ国会の内外で、
「人権、ジンケン」と声高に唱えていらっしゃる方々の声が
チベット問題では小さいのはどうしたことか。
今国会に人権擁護法案の上程を考えておられるセンセイたちは、
与野党問わず「チベット人の人権を守れ」と
中国大使館に押しかけても不思議ではないのに、
そういった話は寡聞にして聞かない。

 ▼そうじゃない、というのなら行動で示してほしいが、
ここは一番、親中派の福田康夫首相の出番だ。
電話でいいから胡主席に自制を求め、
ダライ・ラマ14世とじっくり話し合うよう勧めてはいかがか。
これなら日銀総裁のように国会承認も要らないですよ。

----------引用ここまで----------

あらまぁ。
皮肉を書くのは新聞の仕事じゃないかと思いますが、
正しいことを言っておられるので今日のネタにします。

チベットの共産党支配に対する抗議デモへの鎮圧で、
死者は500人以上、ケガ人は1万人を超えたことを
衛生写真によって確認がされたそうです。
(ソース:IndiaDaily
もう単なる「デモ鎮圧」というレベルをはるかに超え、
大虐殺といえる話かもしれません。


>それにしても日ごろ国会の内外で、
>「人権、ジンケン」と声高に唱えていらっしゃる方々の声が
>チベット問題では小さいのはどうしたことか。

さぁて、どうしてでしょうか。
中国の人権弾圧はキレイな弾圧なのかもしれません。
または、挙げていったら限がないほど数多く行われているから、
もう無視してるんじゃないでしょうか。


>そうじゃない、というのなら行動で示してほしい

参考までに人権団体とか平和団体のHPへのリンクを貼っておきます。
9条ピースウォーク
ピースウォーク
反戦ネットワーク
ピースウォーク金沢
平和を望む東大生の会
ストップ!「報復戦争」市民の会
反戦な家づくり
反戦共同行動
反戦・平和アクション
チベットに関してどのような記事が書かれるのか、
非常に楽しみですねぇ。


>親中派の福田康夫首相の出番だ。
>電話でいいから胡主席に自制を求め、
>ダライ・ラマ14世とじっくり話し合うよう勧めてはいかがか。
>これなら日銀総裁のように国会承認も要らないですよ。

きっと中国へ譲歩譲歩の福田首相なら、
中国への特別なパイプを2,3本くらい持ってるはずです。
チベットの「平和」のため、チベット人の「人権」のために
福田首相が動くときがついにきたのだ!


クリックして応援してね   クリックして応援してね


中国はいかにチベットを侵略したか
中国はいかにチベットを侵略したかマイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男

おすすめ平均
starsこの日本語タイトルはひどい!
stars次は日本
starsチベット民族の悲劇
stars目をそらすべきではない
starsこのような侵略を誰が止めるのか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:産経新聞 - ジャンル:ニュース

category:日記
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/97-e3a2695b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。