TOP画像のリロードはこちらでどうぞ!
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
保険のライフプランナーとお話してきた 
2008.03.19 Wed 23:51
たまには真面目に語ってみよう。
さっき、保険のライフプランナーと会ってきた。

まずは結論から。
「保険に入るのは早ければ早いほどお得」


就職するので民間保険に入っておくべきだと考え、
母からライフプランナーを紹介してもらった。
ライフプランナーとは保険プランの構築を
専門知識でサポートしてくれる人のことだ。
変な保険のおばちゃんに騙されないようにするためには
こういった専門家に聞くのが一番だ。ググるより早い。
母紹介のライフプランナーは、30歳と若手ながら
既に課長代理のポストについている青年だった。
これは頼りに出来そうだ。


まず現段階(22歳・東証一部上場企業に勤める会社員)において
考える必要がある保険は3種類、
?年金受給までの収入保障保険
?入院保障保険
?死亡保障保険
・・・のようなよく巷で聞く奴らだ。
ガン保障とかはいらない。
まだ若い上、収入に余裕が出来てから考えるお話だからだ。
よって上記3種類の保険についてのお話をば。


まず?収入保障保険についてだが、
これは不慮の事故とかで障害者になって働けなくなった場合の
収入を保証してくれる保険である。
「障害者年金だけで充分だぜwwwwプゲラwwwww」という人は別だが
私のように障害者になっても生活レベルを下げたくない、
国の年金制度に疑問を持っている人には必要な保健だ。
掛け捨てだから掛け金も低いので、気軽につけることが出来るだろう。
ちなみに私は死亡保証保険のオプションとして加入したため、
掛け金はたったの月2000円である。払われる年金は月5万円で。
これをお得と考えるかどうかは人それぞれだと思うが。
ちなみにこの保険は掛け捨てだが、
次に述べる?と?は解約するとお金が戻ってくるタイプである。


?の入院保障保険は「入院1日につき○○円」タイプである。
よくテレビで聞くフレーズであり、掛け捨てではないのだが
これを解約する人はいないと思う。
なぜなら病院は年をとった人ほど通う頻度が高くなるうえ、
人生最期の瞬間も病院で迎えるはずだからだ。
「入院することって若いうちはそう無いことだから
 若いうちから入ってなくてもよくね?」
と思われる方もいるだろうが
若いうちから入っておけば、60歳で保険料を払い終えることができ、
終身で医療保険を受けることができるようになるのだ。
ちなみに私の場合、死亡保険も60歳で払い終えるようにしてある。
掛け金は月々8000円。保障は入院1日につき1万円のプランにした。
60歳払い済みで保障は死ぬまで。
これをお得と考えるかどうかは人それぞれだろう。


?の死亡保障保険は死んだときに払われる保険金だ。
独身男にはまったく無関係のように思われるだろうが、
本来の目的は保険金ではない。貯金である。
保険と言う名前だが実際は貯金に使うのである。
だから保証金も葬式代程度にした。
退職と同時に解約し、当面の生活費にするつもりである。
掛け金は月5千円。保証金は350万である。
少し豪華な葬式にしてくれ。
ちなみにこれは余談であるが、
もし日銀が公定歩合を上げ金利が上場した場合、
解約時に戻ってくるお金は最大で1500万を超えることになる。
ちなみに支払う保険金は全部で300万弱である。
日本の景気が上向くことを祈る次第である。


以上が本日加入した保険プランの概要である。
保険と言うより貯金の意味合いが強い内容となった。
ちなみに掛け金は月々1万5千円。60歳で全て払い済みになる。
1年間一括払いにすればもう少し安くなるが・・・
22歳と言う年齢で加入したため、このような金額で加入することができた。
国の社会保障費や年金に不安を覚えている人ほど、
民間保険については早めに計画を立てることをお勧めする。


クリックして応援してね   クリックして応援してね


生命保険の「罠」 (講談社+α新書)
生命保険の「罠」 (講談社+α新書)後田 亨

おすすめ平均
stars生命保険を初めて真面目に考えました
stars新社会人必読の書
stars今までの本よりすばらしい!!
stars『生命保険会社の罠』といった内容
starsここまでぶっちゃけていいの?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

category:駄文
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://azigonomi.blog66.fc2.com/tb.php/99-aa13b63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。